ブリリアントカットは光の万華鏡

ダイヤモンド

ブリリアントカットは光の万華鏡に誘うダイヤモンド技術の集大成

ブリリアントカットはラウンドだけでなく、ファンシーカットにも採用されます。58面で構成され、全ての光を一面に集めます。それらが輝き(ブリリアンス)や虹のような色のゆらめき(ファイア)となり、あなたを光の万華鏡へと誘ってしまうのです。一方で、オールドヨーロピアンカットと呼ばれ古いダイヤモンドカットの美しさも紹介します。

執筆者はしまだです。米国宝石学協会GIAホルダー、年間30件以上の鑑定に携わる。現在、Gem-A FGA取得に向けて研鑽しています。記事の編集ポリシー・レビューガイドラインも併せてご確認ください。

ブリリアントカットとは

ブリリアントカットとは

ブリリアントカットとはダイヤモンドの代表的なカットです。

例えば、58面で構成されたラウンドブリリアントカットの形状は円錐形に似ていて、光の全反射と分散が考慮された理想的な面によって構成されるように角度が決められています。ブリリアントカットの理想的なプロポーションは、直径を100とすると、テーブルは53、パビリオン43.1、クラウン16.2の比率となります。

ブリリアントカットは熟練のカッターが6世紀にわたって何世代も輝きを追求し続け完成されたカットです。つまり、今日の57面または58面ファセットのラウンドブリリアントへと進展するまで、時代ごとにダイヤモンドが全く異なる外観を持ちます。それら多くの美しい古いダイヤモンドは、プロポーションが現代の基準と異なり、アンティーク市場では人気を集めています。

最初にブリリアントカットを開発したのは誰なのかリサーチしてみましたが、ペルッツィ(Vicenzio Peruzzi)も完全な架空の人物、マザラン枢機卿(Cardinal Jules Mazarin)もフランス王冠の宝石を「新しいデザイン」に再カットするよう依頼しただけで、少しずつ醸成されたカット技術として職人達に広まったと考えるのが妥当かもしれません。

アイディアルカットとの違いは?

アイディアルカット

アイディアルカットはブリリアントカットの進化技術です。

1980年までアイデアルカットはGIA(米国宝石学会)のExcellentとして教材に採用され、Excellentと同等もしくはVery goodグレードだと評価されています。このように、未だにブリリアントカットの技術は発展しています。

例えば、トリプルエクセレントやハート&キューピット(ハート&アロー)などに人気が集まっていますが、ブリリアントカットの最新技術で人気が集まっています。時間と共に技術が革新すれば、更に上位グレードのブリリアントカットが生まれてもおかしくありません。

オールドヨーロピアンカットvsブリリアントカット

オールドヨーロピアンカットvsブリリアントカット

オールドヨーロピアンとは、ブリリアントの原型になったカットです。

アンティークジュエリーが好きな人は知っているかもしれませんが、現代のブリリアントはオールドヨーロピアンに比べ、クラウンが更に浅くなりアッパーパビリオンが短くなり、テーブル面が大きくなっています。

動きを伴うジュエリーには、オールドヨーロピアンの方が輝きが増しているという声もあります。つまり、このように古いカットでもアンティーク市場では人気を集め、ダイヤモンドの美しさは現代的な尺度だけでは判断できない事がわかります。

現代とアンティークのジュエリーデザインは異なりますが、手に入れる機会があればアメリカンカットだけでなく、オールドマインカットを含めたアンティークカット比較も試してみたいものです。

ファンシー系のブリリアントカット

 

ブリリアントカットはラウンドタイプだけではありません。

ファンシー系のブリリアントカットは、ペアシェイプ、マーキス、オーバル、ハートなが代表的で、曲面のあるカットに好まれて採用されています。ブリリアントカットなのでいずれも58面のファセットが特徴になります。

あとがき

ダイヤモンドはブリリアントカットの台頭で18世紀から輝きを追求した画期的な考え方となってゆきその人気を確立しました。

今ではアメリカンカットが主流となっていますが、ヨーロピアンカットも実はおすすめです。オールドなのかモダンなのか、知れば知るほど興味を持ってもらえるのではないでしょうか。

参考書籍

ダイヤモンドカット ファンシーダイヤモンドカット10選(人気3・定番3・珍しい4)前のページ

プリンセスカットは王女たる豪華な輝きを誘うダイヤモンド次のページプリンセスカットを身につける王女たち

関連記事

  1. ラザールダイヤモンドで選ぶべき結婚指輪は1デザインだけ

    ラザールダイヤモンド

    ラザールダイヤモンドで選ぶべき結婚指輪は1デザインだけ

    ラザールダイヤモンドの結婚指輪は多くの場合、せっかくのラザールダイヤら…

  2. ダイヤモンド(宝石)のカラットとは大きさではなく重さの単位

    ダイヤモンド

    ダイヤモンド(宝石)のカラットとは大きさではなく重さの単位

    ダイヤモンド(宝石)選びは、カラットを優先させるのも手。ブランドからダ…

  3. ダイヤのイヤリングを選ぶなら、イヤーカフやピアリングも選択肢に

    ダイヤモンド

    ダイヤのイヤリングを選ぶなら、イヤーカフやピアリングも選択肢に

    イヤリングにダイヤを選べば、非日常を使いこなせます。イヤーカフやピアリ…

  4. ダイヤモンドネックレスに一粒デザインを選ぶセンス◎

    ダイヤモンド

    ダイヤモンドネックレスに一粒デザインを選ぶセンス◎

    一粒ダイヤモンドのネックレス、誰もが1つは手に入れておきたいネックレス…

  5. 人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンド

    ダイヤモンド

    人工ダイヤモンドはもっと安く、さらに身近に

    人工ダイヤモンドは天然と変わらない美しさ、割安感のある価格、豊富な選択…

  6. ダイヤモンド1カラットの大きさと値段

    ダイヤモンド

    ダイヤモンド1カラットの大きさと値段

    ダイヤモンド1カラットはの大きさ(直径)は5円玉の穴より少し大きい6.…

よく読まれている記事

  1. ローズカットはアンティークの美しさを味わうダイヤモンド
  2. ひと粒ダイヤモンドネックレスの選び方(デザイン編)
  3. 0.3カラットが婚約指輪では一番人気、0.2ctや0.4ctとの比較

特集記事おすすめ

  1. 宝石の王様は本当にダイヤモンドなのか
  2. 金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴
  3. 4月の誕生石はダイヤモンドだけ?改訂版と日にちで変わる誕生日石の謎

本日に最も読まれている記事

  1. 金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴
  2. ダイヤモンドカット ファンシー
  3. レッドダイヤモンドは1カラット数千万円の赤い女王
  1. ラザールダイヤモンドの婚約指輪はありえない?

    ダイヤモンド

    ラザールダイヤモンドの婚約指輪はありえない?
  2. 宝石の王様は本当にダイヤモンドなのか

    ダイヤモンド

    宝石の王様は本当にダイヤモンドなのか
  3. 一粒ダイヤネックレスの選び方(年代別)

    ダイヤモンド

    一粒ダイヤネックレスの選び方(年代別)
  4. 金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴

    ダイヤモンド

    金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴
  5. 世界一高い宝石たち(世界5大宝石それぞれで最も高価な宝石)

    ダイヤモンド

    世界一高い宝石たち(世界5大宝石それぞれで最も高価な宝石)
PAGE TOP