ダイヤモンド

ダンシングストーンはティファニーやスワロフスキーもあるのか?調査してみた

ダンシングストーンはティファニーやスワロフスキーから発売されているか調査しました。スワロフスキーには似た技術で作られたダンシングクリスタルにも人気が集まっています。テレビショッピングでも取扱いが稀にあり、ジャパネットで取扱いがあれば狙い目だったりします。

執筆者はしまだです。米国宝石学協会GIAホルダー、年間30件以上の鑑定に携わる。現在、Gem-A FGA取得に向けて研鑽しています。記事の編集ポリシー・レビューガイドラインも併せてご確認ください。

ダンシングストーンとは

ダンシングストーンとは

ダンシングストーンとは小刻みに揺れ続ける宝石の事です。

売れ筋の多くはジルコニアが使われ、様々な宝石を使ったダンシングストーンが発表されていますが、その中でも揺れるダイヤはカラット以上の輝き放ち、煌めき最大化させてくれるダンシングストーンに注目が集まっています。

実はこのダンシングストーン、日本で開発された技術です。ジュエリーの街として有名な山梨県甲府市にあるクロスフォー社による特許が2015年に取得されています。一般的なジュエリーのように完全に固定せず、一部を不安定化させる事でその名の通り踊るように揺れ続ける状態を作り出します。

ダンシングストーンがダサいと言われる理由

ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点

ダンシングストーンにはダサい部分もあります。

人気のあるダンシングストーンはジルコニアが多く、お手頃な値段は魅力ではありますが、模造ダイヤとしての印象が残ってしまいダサいと評価されてしまいます。

また、値段の割に存在感のあるアクセサリーとなるため、本来であれば通倍の値段はしてしまうジュエリーと同じように、トータルコーディネートを間違ってしまうとダサいと言われがち。

詳しくはこちらの記事で掘り下げて紹介していますので、併せてご覧ください。

ダンシングストーンの本物と偽物の違い

ダンシングストーンの本物と偽物の違い

ダンシングストーンの本物はクロスフォーしかブランドはありません。

一部でコラボしている限定企画もありますが、本物は必ずクロスフォー社によって製作され、日本製と表記されています。また、本物にはギャランティカードが付属されています。

本物のダンシングストーンの定価は、安くても1万円以上するため値段から本物かどうか推察できますが、中古で出回っているダンシングストーンには本物ではなく偽物である可能性があるため注意が必要です。現在、本物が買えるのは公式Webストア、もしくは正規代理店(限定企画もの含め)のみです。

ダンシングストーンはネックレスがおすすめ

ダンシングストーンのネックレスはクロスフォーで決まり?

ダンシングストーンはネックレスに魅力があります。

ジュエリーは数あれど、リングやピアスは動きの出やすく変化を味わえます。一方で、ネックレスは動きが乏しいため、その魅力は制限されてしまいます。そこで、根本的な問題を解決してくれるのがダンシングストーンのネックレスです。ネックレスに動きを与え、思う存分に輝きを発揮してくれます。どのような宝石をトップにあしらえようが、ネックレスの存在感をワンランク上げてくれます。

詳しくは、こちらの記事で掘り下げて紹介していますので併せてご覧ください。

ダンシングストーンはプラチナがおすすめ

ダンシングストーンはプラチナがおすすめ

ダンシングストーンのジュエリーは多くがシルバーです。

ダンシングストーンは低価格帯のコレクションが売れ筋で、ジルコニアがセッティングされているジュエリーの地金はシルバー925になります。ダンシングストーンでプラチナやゴールドが使われているジュエリーは、全てダイヤやルビーサファイアなどのジルコニア以外の宝石が使われているのが特徴です。

そのため、ダンシングストーンの定番コレクションでプラチナを選ぶとなると、上位グレードのものが多く27コレクションしかありません。定番以外、もしくは0.1カラット以上のダンシングストーンを探している場合には、取扱代理店を探すしかありません。

クロスフォー公式ブランドで市川九團次がプロデュースしている「Re;sonate」コレクションであれば、0.1カラットのダイヤが使われていますが安くても10万以上となってしまいます。

ダンシングストーンはティファニーから発売されているのか?

ダンシングストーンはティファニーから発売されているのか?

ダンシングストーンはティファニーから発売されていません。

執筆時点での調査ではティファニーとクロスフォーの提携(コラボ)は発表されていません。ティファニー以外もカルティエなどの国際ブランドでリサーチしてみましたが、残念ながらダンシングストーンは発売されていませんでした。

今後、ダンシングストーンという技術が世界的に広まり注目が集まれば、限定で発売されてもおかしくありません。一方で、世界一のジュエリーブランドであるティファニーが、わざわざそこまでするかどうかを考えるとティファニーからダンシングストーンが発売されるのは現実的ではないでしょう。

現実的なのはティファニーではなく、ハイジュエリーも扱う国内ブランド大手(ミキモト、タサキ、俄など)には期待が高まります。

ダンシングストーンはスワロフスキーから発売されているのか?

ダンシングストーンはスワロフスキーから発売されているのか?

ダンシングストーンはスワロフスキーから発売されていません。

しかし、同じような技術を使って揺れ続ける「ダンシングクリスタル」という手法が採用されているSparkling Danceコレクションがあり、人気を集めています。

カスタマーサービス(0120-10-8700)に直接確認すると、クロスフォー社とは違うようで、スワロフスキー独自に開発した技術を採用しています。定価はダンシングストーンの倍(2.2万円)ですが、ジルコニアより、揺れ続けるクリスタルの方が好みであればスワロフスキーはおすすめです。

ジャパネットからも買えるダンシングストーン

ジャパネットからも買えるダンシングストーン

ジャパネットでは期間数量限定でダンシングストーンが買えます。

ジャパネットで取扱いされるダンシングストーンはスポットで、定番商品ではありません。つまり、いつ・どのようなダンシングストーンが販売されるのか分かりません。

過去の販売データをみると、ジャパネットで扱うダンシングストーンは0.1カラット以上で、定番コレクションにはない限定品のため、もし見かけたら値段によってはお買い得かもしれません。

あとがき

ダンシングストーンは有名ブランドから発売されていません。

仮にコラボレーションしたとしても、代理店となっている中小ブランドや地域の宝飾店ばかりです。取扱代理店では、定番コレクションにはないデザイン、カラット数の大きなダイヤなど取り扱っているため、特殊なダンシングストーンは最寄りの代理店に相談するという手も。

ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点前のページ

ダンシングストーンのネックレスはクロスフォーで決まり?次のページダンシングストーンのネックレスはクロスフォーで決まり?

関連記事

  1. 遺骨はダイヤモンドで供養する時代に

    ダイヤモンド

    遺骨はダイヤモンドで供養する時代に

    遺骨をダイヤモンドにして供養できます。骨(遺灰)や髪の毛からダイヤを組…

  2. ブラックダイヤモンドネックレスはメンズだけでないユニセックスな魅力

    ダイヤモンド

    ブラックダイヤモンドネックレスはメンズだけでないユニセックスな魅力

    ブラックダイヤモンドネックレスは芸能人の影響から国内でメンズ人気が先行…

  3. ブラウンダイヤモンドはシャンパンカラーのように神秘的

    ダイヤモンド

    ブラウンダイヤモンドはシャンパンカラーのように神秘的

    ブラウンダイヤモンドはシャンパンカラー、コニャック、チョコレートと呼ば…

  4. 人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンド

    ダイヤモンド

    人工ダイヤモンドはもっと安く、さらに身近に

    人工ダイヤモンドは天然と変わらない美しさ、割安感のある価格、豊富な選択…

  5. カラーダイヤモンド10選(人気3・注目4・希少3)

    ダイヤモンド

    カラーダイヤモンド10選(人気3・注目4・希少3)

    カラーダイヤモンドで人気があるのはピンク、ブルー、ブラックです。ブラウ…

  6. 40代で選びたい一粒ダイヤネックレス

    ダイヤモンド

    40代で選びたい一粒ダイヤネックレス

    40代ならば安物買いの銭失いとならぬよう一粒ダイヤネックレス選びのポイ…

よく読まれている記事

  1. グリーンダイヤモンドの人気が急上昇中
  2. 【メンズ向け】ダイヤネックレスの選び方とおすすめブランド
  3. 本物のダイヤモンド、偽物と区別する10の見分け方

特集記事おすすめ

  1. 金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴
  2. 【海外】ダイヤモンドジュエリーブランド集(全40ブランド)
  3. 宝石の王様は本当にダイヤモンドなのか

本日に最も注目を集めている記事

  1. ラザールダイヤモンドの婚約指輪はありえない?
  2. ブルーダイヤモンドは古代の海からの贈り物
  3. 【メンズ向け】ダイヤネックレスの選び方とおすすめブランド
  1. 一粒ダイヤピアスの選び方(年代別)

    ダイヤモンド

    一粒ダイヤピアスの選び方(年代別)
  2. ダイヤモンドの価格は今後どうなる?投資やふるさと納税という手も

    ダイヤモンド

    ダイヤモンドの価格は今後どうなる?投資やふるさと納税という手も
  3. エメラルドカットは吸い込まれるような透明感を味わうダイヤモンド

    ティファニー

    エメラルドカットは吸い込まれるような透明感を味わうダイヤモンド
  4. ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点

    ダイヤモンド

    ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点
  5. 宝石の王様は本当にダイヤモンドなのか

    ダイヤモンド

    宝石の王様は本当にダイヤモンドなのか
PAGE TOP