ひと粒ダイヤモンドネックレスの選び方(デザイン編)

ダイヤモンド

ひと粒ダイヤモンドネックレスの選び方(デザイン編)

ひと粒ダイヤモンドネックレスのデザインは豊富です。ひと粒ダイヤのネックレスはシンプルなため、他人と被りがちです。ひと粒のネックレスはブランドで選ぶのも手ですが、デザインから絞り込んでゆくのも手。ダイヤのカッティング、爪、素材などお気に入りのデザインから取り扱いのあるブランドを探してみましょう。

執筆者はしまだです。米国宝石学協会GIAホルダー、年間30件以上の鑑定に携わる。現在、Gem-A FGA取得に向けて研鑽しています。記事の編集ポリシー・レビューガイドラインも併せてご確認ください。

ひと粒ダイヤモンドネックレスの魅力

ダイヤモンドネックレスに一粒デザインを選ぶセンス◎

ひと粒ダイヤネックレスの魅力はそのシンプルさにあります。

それは、国や時代を問わないボーダレスでタイムレスな魅力を備えたジュエリーに違いありません。つまり、ひと粒ダイヤのネックレスは飽きがこないためトレンドに左右されない一生物のネックレスになります。

そして、そのシンプルな美しさはダイヤの根源的な魅力を放ち、日常生活から冠婚葬祭までTPOさえも選ばないため、ひと粒のネックレスは使い勝手の最も良いジュエリーです。果たして、ここまでの条件を揃えたネックレスを含めジュエリーは聞いた事がありません。

ひと粒ダイヤのネックレスについてはこちらの記事でも掘り下げて紹介していますので、併せてご覧ください。

ひと粒ダイヤモンドネックレスの選び方(デザイン編)

ひと粒ダイヤモンドネックレスの選び方(デザイン編)

ひと粒ダイヤのネックレスはシンプルなデザインですが、実はそのバリエーションは多いため、選び方を紹介します。

ひと粒ダイヤのネックレスをセミ・フルオーダーで選ぶ場合だけでなく、ブランドによってもデザインの基礎ともなっている場合も多いため、好みのタイプがどのようなデザインなのか知っておくとブランド選びに役立ちます。特にブランド志向より、デザイン志向の場合にはデザインから絞り込んでひと粒ダイヤのネックレスを探す方が、お気に入りに巡り会えます。

ここではダイヤ自体のカットデザイン、留め具(爪)のデザイン、素材を紹介しますが、どれも印象を大きく変えるポイントなのでお気に入りの組み合わせを探すヒントを紹介します。ちなみに、ひと粒ダイヤを特殊なファンシーカラーダイヤから選びたい場合には下記の記事も併せて参考にされてください。

ひと粒ダイヤモンドのカット

ダイヤモンドカット ファンシー

ひと粒ダイヤネックレスで最も一般的なカットは丸系のラウンドブリリアントカットです。

次によく見かけるのは、洋梨系のペアシェイプカットでしょうか。実は、それら以外にもダイヤのカット種類はあります。例えば、ブリリアントの輝きを持ち人気急上昇中のプリンセスカットや、贅沢にダイヤを削ぎ落とした女性的なハートカットなどは、他人と被らないひと粒ダイヤのネックレスとして注目を集めています。

他のカットデザインは、伝統的な美しさ(鈍い輝き)が魅力のローズカット(取扱店が限られる)、スタイリッシュな美しさが魅力のオーバルやマーキスカット、幾何学的な美しさが魅力的のアッシャーカットなどからも選ぶ事ができます。ダイヤのカットについてはこちらの記事で詳しく掘り下げていますので併せてご覧ください。

ひと粒ダイヤモンドネックレスを構成するデザイン

ひと粒ダイヤモンドネックレスを構成するデザイン

ひと粒ダイヤネックレスのデザインを紹介します。

多くのひと粒ダイヤのネックレスは、爪、石座、バチカンの3種類で構成されています。爪とは、ひと粒ダイヤを留めている部分です。例えば、爪の本数(1本~6本など)や爪自体のデザイン(丸・平・剣など)にも種類があります。

そして石座とは、ひと粒ダイヤを乗せ爪を支えている台で爪のデザインによっては石座が覆うように一体型となっている種類もあります。

そしてバチカンとは、ネックレスのトップ(ひと粒ダイヤのチャーム部分)にチェーンを通すパーツで、バチカンもシンプルなものからデザイン性のあるものまであります。

ひと粒ダイヤモンドネックレスの素材

ひと粒ダイヤモンドネックレスの素材

ひと粒ダイヤネックレスの素材は多くがプラチナです。

イエローやピンク(ローズ)などのゴールドにも人気が集まっています。特に、ひと粒ダイヤのネックレスはシンプルなデザインのため、素材で印象も大きく変わります。素材選びでは服装との相性もあるのですが、ここではダイヤとの相性に絞って紹介しておきます。

まず、純粋なホワイトダイヤで特にカラーグレードがD(4Cの基準)に近い高グレードダイヤを使っているひと粒ダイヤのネックレスであればプラチナと合わせる事で、その高品質なカラーを引き立ててくれます。

一方で、カラーグレードが低いひと粒ダイヤを使っている場合(特に肉眼で明らかに分かるSカラー以下)にゴールドを合わせると、カラー品質を隠してくれるだけでなく、ひと粒ダイヤの美しさを際立たせてくれます。ピンクを始め、イエローやブラウンなどのファンシーカラーダイヤにもゴールドとの相性が極めて良いため、特別感のあるひと粒ダイヤネックレスとなります。

ひと粒ダイヤモンドネックレスでおすすめするブランド

ひと粒ダイヤモンドネックレスでおすすめするブランド

ひと粒ダイヤネックレスのおすすめブランドを紹介します。

まずは、ダイヤジュエリーの王道ティファニーです。そして、世界16各カ国の王室御用達カルティエでしょうか。0.3カラット、0.5カラット、1カラットはひと粒ダイヤネックレスでも人気ですが、1カラットになるとハイブランドなので少なくとも数百万円という世界です。また、カラーダイヤで豊富な品揃えを持つハリーウィンストンは純粋なひと粒ダイヤのネックレスはありませんがおすすめ。

そして、国内ブランドで特に30代におすすめなのは、ファンシーカットダイヤの品揃えが豊富なアーカーやクラシックでシンプルなデザインがひと粒ダイヤと相性の良いアガットなどはお手頃で普段使いにピッタリです。

あとがき

ひと粒ダイヤのネックレスをブランドから買う場合にも注意が必要です。

実は、ひと粒ダイヤのネックレスで印象が変わる要素はもう1つあります。そう、ネックレスチェーンです。小豆やベネチア、流行りの喜平などチェーンのデザインや長さによってもひと粒ネックレスのイメージは違ってきます。

特に、大きなカラットのひと粒ダイヤはチェーンの太さやチェーンの種類によって切れにくさが違います。例えば、国産チェーン(国内メーカーいくつかあります)だと切れにくいため、ブランドの付属チェーンだけでなく自分で調達することも視野に入れて慎重に検討しましょう。ひと粒と言えど、チェーンが切れてしまうとトップの宝石を失ってしまうため配慮が必要でしょう。

ダイヤモンドネックレスに一粒デザインを選ぶセンス◎ダイヤモンドネックレスに一粒デザインを選ぶセンス◎前のページ

40代で選びたい一粒ダイヤネックレス次のページ40代で選びたい一粒ダイヤネックレス

関連記事

  1. ローズカットはアンティークの美しさを味わうダイヤモンド

    ダイヤモンド

    ローズカットはアンティークの美しさを味わうダイヤモンド

    ローズカットダイヤモンドは、薔薇の花びらのように幸せが重なると言われま…

  2. ダイヤのイヤリングを選ぶなら、イヤーカフやピアリングも選択肢に

    ダイヤモンド

    ダイヤのイヤリングを選ぶなら、イヤーカフやピアリングも選択肢に

    イヤリングにダイヤを選べば、非日常を使いこなせます。イヤーカフやピアリ…

  3. レッドダイヤモンドは1カラット数千万円の赤い女王

    ダイヤモンド

    レッドダイヤモンドは1カラット数千万円の赤い女王

    レッドダイヤモンドはファンシーカラーで最も希少で人気があります。ピンク…

  4. ブラウンダイヤモンドはシャンパンカラーのように神秘的

    ダイヤモンド

    ブラウンダイヤモンドはシャンパンカラーのように神秘的

    ブラウンダイヤモンドはシャンパンカラー、コニャック、チョコレートと呼ば…

  5. ダイヤモンドを安い値段で探すなら品質を下げるよりメレーダイヤモンド

    ダイヤモンド

    ダイヤモンドを安い値段で探すなら品質を下げるよりメレーダイヤモンド

    ダイヤモンドを安い値段で探すなら、メレーダイヤがおすすめ。メレーダイヤ…

  6. 40代で選びたい一粒ダイヤネックレス

    ダイヤモンド

    40代で選びたい一粒ダイヤネックレス

    40代ならば安物買いの銭失いとならぬよう一粒ダイヤネックレス選びのポイ…

よく読まれている記事

  1. レッドダイヤモンドは1カラット数千万円の赤い女王
  2. ダイヤモンドのカラー
  3. 【メンズ向け】ダイヤネックレスの選び方とおすすめブランド

特集記事おすすめ

  1. 金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴
  2. 4月の誕生石はダイヤモンドだけ?改訂版と日にちで変わる誕生日石の謎
  3. 宝石の王様は本当にダイヤモンドなのか

本日に最も読まれている記事

  1. クラリティはダイヤモンドの美しさと価値を決める
  2. ダイヤモンドの値段を決める4Cより大切な3つの要素
  3. イエローダイヤモンドは太陽の輝きを放つ
  1. クラリティはダイヤモンドの美しさと価値を決める

    ダイヤモンド

    クラリティはダイヤモンドの美しさと価値を決める
  2. 金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴

    ダイヤモンド

    金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴
  3. ダイヤモンドのカラー

    ダイヤモンド

    ダイヤモンドの価値はカラー(色)によって決まる?
  4. ダイヤモンドのブランドカオスマップ

    ダイヤモンド

    ダイヤモンドのブランド8選(ジュエリー&カッターズ)
  5. 本物のダイヤモンド、偽物と区別する10の見分け方

    ダイヤモンド

    本物のダイヤモンド、偽物と区別する7つの見分け方
PAGE TOP