ダイヤモンド

  1. ダンシングストーンはティファニーやスワロフスキーもあるのか?調査してみた

    ダンシングストーンはティファニーやスワロフスキーから発売されているか調査しました。スワロフスキーには似た技術で作られたダンシングクリスタルにも人気が集まっていま…

  2. ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点

    ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点

    ダンシングストーンはダサい部分も実はあります。揺れるダイヤは3つの輝きを最大化させ、ダンシングジュエリーとして人気が高まっています。ダサいと言われる多くはコーデ…

  3. 遺骨はダイヤモンドで供養する時代に

    遺骨はダイヤモンドで供養する時代に

    遺骨をダイヤモンドにして供養できます。骨(遺灰)や髪の毛からダイヤを組成する事で、宝石として身に着けたり、自宅でも容易に保管することができるようになります。実際…

  4. ダイヤモンドがキラキラしない原因と解決方法

    ダイヤモンドがキラキラしない原因と解決方法

    ダイヤモンドがキラキラしない最も大きな原因は、光の影響によるものです。キラキラとした輝きは光の反射から生まれ、脂と馴染みやすいダイヤに皮脂汚れが蓄積し、キラキラ…

  5. ダイヤモンドの4Cで優先させる3C

    ダイヤモンドの4C、優先させる3Cとは?

    ダイヤモンドの4Cとはカラット、カット、カラー、クラリティーです。品質を決めるだけでなく、資産価値を高めるなら3Cも重要になってきます。ダイヤモンドは決して安く…

  6. スライスダイヤモンドなどのナチュラルダイヤモンドたちの魅力

    スライスダイヤモンドなどのナチュラルダイヤモンドたちの魅力

    スライスダイヤモンドより一部の人たちにはフラットダイヤモンドという名で知られているかもしれません。スライスダイヤの魅力は、世界中でトレンドにもなっているナチュラ…

  7. ダイヤモンドの価格は今後どうなる?投資やふるさと納税という手も

    ダイヤモンドの価格は今後どうなる?投資やふるさと納税という手も

    ダイヤモンドの価格は今後どうなるか参考になるよう、価格を左右する要因を整理しました。また、ダイヤは投資としてよりも資産防衛(保全)としての魅力があること、ふるさ…

  8. 世界一のダイヤモンドたち(世界一高い・世界一大きい)

    世界一のダイヤモンドたち(世界一高い・世界一大きい)

    世界一のダイヤモンドを紹介します。名実共に世界一のダイヤだと言われているホープダイヤ、実際に世界一高い落札金額で競り落とされたCTFピンクスター、世界一大きいH…

  9. ブラックダイヤモンドは宇宙の宝石

    ブラックダイヤモンドは宇宙から贈られた宝石

    ブラックダイヤモンドは多くがトリートメント処理をされた人工カラーで、天然はブルーやパープルダイヤと同じくらい希少性が高く、しかし値段は安い宝石です。昨今ではメン…

  1. ひと粒ダイヤモンドネックレスの選び方(デザイン編)

    ダイヤモンド

    ひと粒ダイヤモンドネックレスの選び方(デザイン編)
  2. 0.3カラットが婚約指輪では一番人気、0.2ctや0.4ctとの比較

    ダイヤモンド

    0.3カラットが婚約指輪では一番人気、0.2ctや0.4ctとの比較
  3. プロポーズの指輪選びで失敗しない最新トレンド

    ダイヤモンド

    プロポーズの指輪選びで失敗しない最新トレンド
  4. ダイヤモンド(宝石)のカラットとは大きさではなく重さの単位

    ダイヤモンド

    ダイヤモンド(宝石)のカラットとは大きさではなく重さの単位
  5. ダイヤモンド

    ティファニーのブレスレットを着用する芸能人たち
PAGE TOP