40代で選びたい一粒ダイヤピアス

ダイヤモンド

40代で選びたい一粒ダイヤピアスたち

一粒ダイヤピアスは40代にとって普段使いしたい一生ものになるピアスです。どのようなブランドのピアスを選んでも、別にピアスロックできるキャッチを揃えると紛失する機会を格段に抑えられます。一粒ダイヤピアスの魅力はそのシンプルさにあり、季節を問わず耳元に自然な華やかさを添えてくれます。40代の中・上級者向けにセミ・フルオーダーをする際のコツも紹介しました。

執筆者はしまだです。米国宝石学協会GIAホルダー、年間30件以上の鑑定に携わる。現在、Gem-A FGA取得に向けて研鑽しています。記事の編集ポリシー・レビューガイドラインも併せてご確認ください。

一粒ダイヤピアスの魅力

一粒ダイヤピアスの魅力

一粒ダイヤピアスの魅力はシンプルさにあります。

美しさの捉え方は人それぞれありますが、究極にまで削ぎ落とした一粒ダイヤピアスのデザインは、まさにダイヤの美しさや加護を最も表現しているピアスと言っても過言ではないでしょう。

例えば、世界有数の発明家だったレオナルド・ダ・ヴィンチによる「シンプルさは究極の洗練である」を始め、世界有数の現代建築家だったミース・ファン・デル・ローエによる「Less is more」、どちらも晩年に残した名言で、一粒ダイヤピアスの魅力に通じている価値観ではないでしょうか。

実際に日本独自の美意識として世界から注目されている「わびさび(侘び寂び)」は茶道や日本庭園から見て取れ一粒デザインの美しさに共通する部分があります。まさに、奥ゆかしさを美しいと評価してきた伝統的な感性を形にした至高のダイヤモンドピアスと言っても過言ではありません。

ダイヤモンドピアスの種類は数あれど、一粒ダイヤほど使い勝手の良い(使い回しが出来る)ネックレスはありません。例えば、普段使いから冠婚葬祭までTPOを問わず着用できるピアスは一粒ダイヤ(もしくはパール)のピアスくらいでしょう。しかし、パールは時と共に劣化しやすい宝石なので取り扱いには注意が必要です。

一粒ダイヤピアスはどのような性別、年代、服装、シチュエーション(TPO)でも受け止めてくれ、その懐の広さは他のピアスと比べ物になりません。誰もが1セットは持っておくだけで、自身の美しさの根本を見つめ直させてくれたり、新たな魅力を再発見できるような、あなたの土台になってくれるジュエリーが一粒ダイヤピアスと言えるでしょう。

一粒ダイヤピアスでキャッチ交換は必須

一粒ダイヤピアスでキャッチ交換は必須

一粒ダイヤピアスで注意したいのは紛失リスクです。

ピアスは他のジュエリーに比べ圧倒的に無くしてしまいやすい特徴があります。せっかく一生ものと期待してピアスを買ったのに、片方無くしてしまって出番まで無くなってしまったという話はよく聞きます。

ピアスを無くしてしまう原因で最も多いのは、キャッチが外れて気づかないままコロリと何処かへ逝ってしまうパターンです。ブランド純正品のキャッチは美しいデザインのものも多いのですが、外れにくさはイマイチです。そのため、キャッチだけは必ず外れにくいキャッチに付け替えておきましょう。

ピアスキャッチは類似品が数多く出回っていて、おすすめはピアスロックの国産ブランドのクリスメラでしょうか。ピアスから一粒ダイヤが外れてしまうケースは少ないですが、数年に一度くらいはメンテナンスに出して劣化をケアしておきましょう。

40代で選びたい一粒ダイヤピアス

40代で選びたい一粒ダイヤピアス、その選び方を紹介します。

初めて一粒ダイヤピアスを選ぶ場合を想定していて、2本目以上の中級者以上の方は記事下部に中・上級者向けの選び方を紹介しているので、そちらを参考にされてください。

1番のポイントは普段使いのしやすさ

1番のポイントは普段使いのしやすさ

40代で選びたい一粒ダイヤピアスで1番のポイントは普段使いしやすいデザインを選びましょう。

一粒ダイヤピアスでも、ブランドによっては凝ったデザインもあります。しかし、普段使いしやすく着用する頻度が高くても飽きがこないのはシンプルなデザインです。

例えば、ラウンドブリリアントカットでプラチナの一粒ダイヤピアスでしょう。爪は外れてダイヤ紛失しないよう5本以上、もしくはベゼルセッティング(覆輪留め)と呼ばれる爪なしで石座の地金と一体型であれば、爪がないので服などに引っ掛かりにくく、普段使いに最適です。

つまり、仕事からプライベートまで40代が普段使いしやすいのは定番の一粒ダイヤピアスです。定番だからと言って馬鹿には出来ません、ある意味で人気があって殿堂入りするからこそ定番と呼ばれるようになり、トレンドに左右されなくなるのです。

40代なら思う存分こだわれるカラット

40代なら思う存分こだわれるカラット

40代で選びたい一粒ダイヤピアス、憧れは1カラットでしょうか。

ブランドによっては、一粒ダイヤの品質(4C)が選べるピアスもあります。当然のことながら、ハイブランドになれば1カラット数百万円という一粒ダイヤピアスは少なくありません。

一般的に海外では大粒のダイヤを使ったジュエリーが好まれますが、日本では1カラット以下が主流で、0.3カラット前後が人気です。一粒ダイヤピアスの美しさはシンプルな一粒ダイヤと耳たぶの長さや大きさなどバランスの問題です。

例えば、耳たぶとに比べ小さすぎると物足りなく、大きすぎると迫力はありますが印象を大きく左右するようになるため、シュチュエーション(TPO)を選ぶようになり普段使いが難しくなってしまいます。

ちなみに、カラット選びにはマジックサイズと呼ばれ、人気の高いカラット数(0.25カラット、0.5カラット、0.75カラット、1カラット)になると数割ずつ値段が高くなるためキリの良い一歩手前のカラット数を選ぶとお得な価格で買うことができます。詳しくはこちらの記事で掘り下げて紹介しています。

一粒ダイヤピアスで40代におすすめしたいブランド2選

一粒ダイヤピアスで40代におすすめしたいブランドを紹介します。

まず、華やかなブランドイメージが40代に似合う世界一支持されているティファニー、最後は知る人ぞ知る老舗ウエダジュエラーです。

40代でティファニーを選び内なる華やかさを

40代でティファニーを選び内なる華やかさを

40代におすすめしたいブランドはティファニーです。

説明する必要もないかもしれませんが、ティファニーはダイヤモンドジュエリーで世界一人気を集めているブランドです。人気の幕開けは「ティファニーで朝食を」のオードリー・ヘプバーンにまで遡り、歴史は紡がれ今では年代を問わず世界中の女性から親しまれています。

なぜ、40代におすすめするブランドとしてティファニーを選んだのかと言うと、エルサ・ペレッティ(Elsa Peretti)がデザインしたコレクションの1つであるバイヤザードをおすすめするためです。

バイヤザードはシンプルなデザインのため一粒ダイヤピアスに最適で、魅力はカラット数が国内在庫次第ですが1カラット以上など自由に選べます。その代わり値段も0.1カラット16万円からの展開になっていますがピンキリです。バイヤザードはプラチナ、ゴールド(イエロー・ローズ)の3色展開ですが、せっかくならティファニーらしいゴールドのどちらかをおすすめします。

40代から付き合いを始めたいウエダジュエラー

40代から付き合いを始めたいウエダジュエラー

ウエダジュエラーは国内最大手であるミキモトに並ぶ、知る人ぞ知る創業130年の老舗ブランドです。

大手のように全国展開せず、古くから国内外の富裕層たちのプライベートジュエラーとして歴史を積み重ねてきました。その信頼と実績に裏づけされた国産一粒ダイヤピアスは他のブランドでは真似できないため、40代で手に入れる一生ものピアスとしておすすめです。

ウエダジュエラーの一粒ダイヤピアス(覆輪留め)は0.2カラットの17万円からオンラインショップでもありますが、カラット数は相談して柔軟に変更できます。

全国に店舗がなく東京の帝国ホテルにギャラリーを持つため、地方では通販しかありません。しかし、地方でも安心して通販できる丁寧な対応はさすが国内ブランドといったところでしょうか。

無理な営業や押し売りは一切ないため、一粒ダイヤピアスだけでなくジュエリーの困ったを気軽に相談できるため、40代のうちから子や孫に引き継いで付き合いたいジュエラーで本当におすすめです。

【40代の中・上級者向け】一粒ダイヤピアスのセミ・フルオーダー編

【40代の中・上級者向け】一粒ダイヤピアスのセミ・フルオーダー編

一粒ダイヤピアスの主役は一粒のダイヤです。

その主役選びで基準となるのが4Cです。予算に応じて4Cの条件を調整することで、自分だけの理想的な一粒ダイヤピアスを手に入れる事ができます。このコンテンツを読んでいる読者はもしかしたら一粒ダイヤピアスの1つや2つは持っているのかもしれません。

40代ならば安物買いの銭失いとならぬよう一粒ダイヤピアス選びには慎重に条件の合う在庫が整うまで待ちましょう。まず、ファンシーカラーダイヤを選ぶかどうかで条件は変わります。

40代が身につける一生物で特別な一粒ダイヤピアスだと、予算があればブルーやピンクダイヤをセッティングしても良いでしょう、この場合には条件を指定できるほど豊富な選択肢はありません。

一方で一般的なダイヤなら、VVS1、Eカラー、Excellent以上の品質を持つダイヤであれば、ブランドに問わずジュエリー(宝石)としての価値を担保してくれます。

一方で変化球ではありますが、このような考え方も紹介しておきます。一粒ダイヤピアスはキャッチが外れて一粒ダイヤを紛失してしまうリスクもあり、どうしても避けられません。そのため、いっそのこと割り切って天然ダイヤではなく人工ダイヤをセッティングするという手もあります。天然と比べて同じ品質を持ちながら、おおよそ1/10の価格で手に入る割安感は40代にとっても魅力的でしょう。

人工ダイヤに関してはこちらの記事で掘り下げて紹介していますので、併せてご覧ください。

あとがき

ピアスは他のジュエリーに比べ扱い方には配慮する必要があります。

特に、10万以上の高級な一粒ダイヤピアスを着用していると紛失するだけで大きなショックを受けてしまいます。一粒ダイヤピアスを普段使いする場合には、皮脂などの汚れがキャッチ部分に溜まって外れやすくなるため、こまめな洗浄は欠かせません。特別な洗浄は必要ありません、ぬるま湯でつけ洗いを定期的に行いましょう。

ちなみに、ダイヤ以外の宝石には、油を使ったり特殊なトリートメント処理を施している場合があるため、洗浄方法には宝石に合った方法で行いましょう。

【メンズ向け】ダイヤネックレスの選び方とおすすめブランド【メンズ向け】ダイヤネックレスの選び方とおすすめブランド前のページ

一粒ダイヤピアスの選び方(年代別)次のページ一粒ダイヤピアスの選び方(年代別)

関連記事

  1. ティファニーバイザヤードの人気ランキング

    ダイヤモンド

    ティファニーバイザヤードの人気ランキング

    ティファニーバイザヤードは全部で4コレクションあります。ネックレスを始…

  2. ティファニーTスマイルのミニは稀に限定版が発売されるの知ってる?

    ティファニー

    ティファニーTスマイルのミニは稀に限定版が発売されるの知ってる?

    ティファニーTスマイルのミニは定番カラーも良いですが、稀に発売される限…

  3. グリーンダイヤモンドの人気が急上昇中

    ダイヤモンド

    グリーンダイヤモンドの人気が急上昇中

    グリーンダイヤモンドに注目が集まっています。ブルーやピンクほどではあり…

  4. ティファニーブレスレット人気ランキング(メンズ・レディース・ペア)

    ティファニー

    ティファニーブレスレット人気ランキング(メンズ・レディース・ペア)

    ティファニーブレスレットのトレンド調査を行い、人気ランキングをまとめま…

  5. ダイヤモンドネックレスに一粒デザインを選ぶセンス◎

    ティファニー

    ダイヤモンドネックレスに一粒デザインを選ぶセンス◎

    一粒ダイヤモンドのネックレス、誰もが1つは手に入れておきたいネックレス…

  6. ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点

    ダイヤモンド

    ダンシングストーンがダサい人の3つの共通点

    ダンシングストーンはダサい部分も実はあります。揺れるダイヤは3つの輝き…

よく読まれている記事

  1. ラザールダイヤモンドで選ぶべき結婚指輪は1デザインだけ
  2. ダイヤモンドの4Cで優先させる3C
  3. 40代で選びたい一粒ダイヤピアス

特集記事おすすめ

  1. 金剛石とはダイヤモンドの和名で富の象徴
  2. 4月の誕生石はダイヤモンドだけ?改訂版と日にちで変わる誕生日石の謎
  3. 日本国内ダイヤモンドジュエリーブランドランキング(全45ブランド)

本日に最も注目を集めている記事

  1. スライスダイヤモンドなどのナチュラルダイヤモンドたちの魅力
  2. カラーダイヤモンド10選(人気3・注目4・希少3)
  3. ダイヤモンド1カラットの大きさと値段
  1. ダイヤモンド

    ティファニーのダイヤピアスはなぜ人々を魅了するのか
  2. プロポーズの指輪選びで失敗しない最新トレンド

    ダイヤモンド

    プロポーズの指輪選びで失敗しない最新トレンド
  3. ティファニーでバイザヤード選ぶなら、やっぱりネックレス

    ダイヤモンド

    ティファニーでバイザヤード選ぶなら、やっぱりネックレス
  4. ダイヤのイヤリングを選ぶなら、イヤーカフやピアリングも選択肢に

    ティファニー

    ダイヤのイヤリングを選ぶなら、イヤーカフやピアリングも選択肢に
  5. ブラウンダイヤモンドはシャンパンカラーのように神秘的

    ダイヤモンド

    ブラウンダイヤモンドはシャンパンカラーのように神秘的
PAGE TOP